健康管理士一般指導員

健康管理士一般指導員について

健康のスペシャリスト

生活習慣病の増加に比例し医療費が伸び続ける現代社会において、健康管理・予防医学の知識と意識の普及は益々必要不可欠な時代になってきました。
「健康管理士一般指導員」資格は、22年前から認定を開始し、すでに60,000名以上の資格者が、「健康寿命」の延伸のため、様々な分野で活動する“健康管理のスペシャリスト”です。
活躍の場も広く、多くの企業、団体、医療・福祉分野 等でも職員研修に採用されており、また、全国48の学校教育にも採用されており、また、昨今注目されている「食育活動」の現場でも多くの資格者が活躍されています。

疾病・栄養・こころ・運動・環境 等健康管理の知識を体系的に学習する、最新の情報を網羅した教材は厚生労働省の指定も頂いておりますので、安心して学習いただける内容です。

資格取得のメリット

健康管理に関する正しい知識を取得することで、様々なメリットや資格の活かし方が広がります。

1. ご自分と家族の健康のために

  • 健康管理の正しい知識を身に付けることができる
  • あなたの大切な人々の健康を守るお手伝いができる
  • 今注目の食育、介護予防にも通じる資格

2. お仕事のために

  • 心と体の両面から総合的な健康管理の指導やアドバイスができる
  • お客様との信頼関係・コミュニケーションに活用できる
  • 病院、福祉施設などで健康指導ができる

3. 地域のために

  • 定年退職後のセカンドライフのために
  • 生涯学習として学び続けることができる
  • 資格資格取得後は、特定非営利活動法人日本成人病予防協会に入会・登録をし、能力 開発講座や健康学習セミナー等に参加することができる

推薦の言葉

小野 清子 さん
日本成人病予防協会 最高顧問 元参議院議員
小野 清子
Profile:
文教・科学委員会理事及び国民生活・経済に関する調査委員を歴任教育及び健康問題には特に造詣が深く、また昭和39年の東京オリンピックでは女子体操のメダリストとして大活躍

近年、ありあまる豊かな生活の中で、成人病の増加・自己管理の難しさ・環境問題・人間関係から来る現代病など、様々な問題が浮き彫りになってきています。
そこでこれらの問題を予防するという観点から、幅広く「健康学」を確立することが大切な時代になってきました。

「健康管理士一般指導員」は、人間らしい健康で明るい生活を営むことのできる「知識と意識」の確立を目指します。家族の健康・社員の健康・大切な人の健康・それらを守っていくのが「健康管理士一般指導員」の大きな仕事です。

さまざま分野で「健康寿命」の延伸のための活動をされますことを期待します。

健康社会の確立を目指す我々の活動は、小野 清子先生にもご理解いただき当協会の最高顧問として「健康管理士一般指導員」を応援していただいております。

ページの先頭へ

健康管理士は、「予防医学」「健康管理」のスペシャリストです。

  • 健康管理士
  • 一般指導員
  • 上級指導員
  • 資格認定試験
  • 資格取得までの流れ
  • 登録・変更手続