資格認定試験

資格認定試験について

東京・大阪・札幌・福岡・仙台・名古屋などの大都市で、年合計20回程度開催しています。

受験資格

試験日の1ヵ月前までに下記いずれかに該当する方

  • 健康管理士一般指導員養成施設が主催する通信教育講座「健康管理士一般指導員受験対策講座」を修了した方
    ※受講修了者には最寄会場で行われる試験案内が送付されます。
  • 健康管理士一般指導員養成大学カリキュラム受講修了者

健康管理士一般指導員受験対策講座について

試験当日

試験前に事前講習(参加は任意)が行われた後、1時間半の試験となります。

試験内容

試験字時間 90分間
問題数 15問程度
問題形式 選択問題および記述問題
合格基準 70%程度の正解率

スケジュール

受付 13:00〜
(試験のみ希望の場合は14:45受付)
講習 13:30〜14:30
休憩 14:30〜15:00
試験 15:00〜16:30

※スケジュールは変更することがございます。
お申込みいただいた後、お送りする当日スケジュールをご確認ください。

持ち物

  • 受験票
  • 筆記用具
  • 通信講座テキスト (任意・事前講習に参加される方)
    • ※合格対策講座に参加された方はその時の資料もお持ちいただくと参考になります。
    • ※試験時にはテキストの参照は不可となります。
  • 時計 (任意)
    • ※携帯電話、スマートフォンなどは、時計の代わりに使用できませんのでご注意ください。

合格発表

試験日の約2週間後に郵送にて通知いたします。

「健康管理士一般指導員」資格取得

資格認定試験に合格した方には、特定非営利活動法人日本成人病予防協会の賛助会員に入会をして頂きます。
写真入りの資格証と認定証がお手元に届いたら、健康管理士一般指導員としての活動のスタートです。

入会金 10,000 円
年会費(年間) 6,000 円
  • ※年会費には、資格取得後2ヵ月に1度お届けする生涯学習『ほすぴ』の受講費用が含まれます。
  • ※年会費は、口座振替にて毎年納入する必要があります。
  • ※入会金及び年会費は、消費税が課税されません。

残念ながら不合格となっても、合格するまで何度でも受験できます。

ページの先頭へ

健康管理士は、「予防医学」「健康管理」のスペシャリストです。

  • 健康管理士
  • 一般指導員
  • 上級指導員
  • 資格認定試験
  • 資格取得までの流れ
  • 登録・変更手続