健康管理士インタビュー 学校

「バナナうんちで元気な子!」食育講師 柳生 百々子 さん(57歳)

イメージ

― 健康管理士一般指導員資格を取得しようと思ったのは
何故ですか?

子育てをするなかで、食事や健康に関心を持つようになりました。世の中には健康に対する情報が溢れ、どの情報が正しく自分に必要であるのかを選ぶ力が必要と思い、体系的に学びたいと考えるようになりました。

資料を取り寄せてじっくり読んでみたところ、健康をいろいろな角度から学ぶことができる健康管理士に魅力を感じました。

イメージ

― 通信教育から資格を取得するまでの感想は
いかがでしたか?

ちょうど子供が大学受験でしたので、エールを送るつもりで始めた勉強ですが、テキストが届いたときは正直びっくりしました(笑) 。

こんなに頭に入るか最後までできるのかと不安でしたが、それぞれのテキストの内容が興味深く、通信教育でしたが最後まで無事に添削問題を提出することができました。テキストを読み進むうちに、夢中で勉強している自分に驚きました。

今思い返すと受講中の何か月かの期間はとても充実した時間を過ごすことができたと思っています。

イメージ

― 健康管理士一般指導員資格をどのように活かして
いきたいですか?

数年前に「食育」に興味を持ち始めたころ、能力開発講座で「食育指導者養成講習会」があると知り、何かのきっかけになると思い参加しました。
これに参加したことがきっかけとなり、同じ志のメンバーと勉強会を重ね、食育講師としてデビューすることになりました。

現在も小学校で「バナナうんちで元気な子!」の食育講座をしています。
「うんち」を通して、消化吸収・排便の大切さのお話とダンスの楽しい授業をしています。
最初は「くさーい」「きたなーい」と言っている子供たちも、だんだんと目をキラキラさせて話を聞いてくれます。真剣に話を聞いてくれるその姿は、可愛らしくも頼もしくもあります。毎回のことですが、45分の講座を終えると私自身が元気いっぱいになっています。

今後は、さらに食育活動を中心として地域に拠点を置いた活動をしていきたいと考えています。健康管理士一般指導員として、情報発信活動をしていきたいです。

  • お仕事の中で
  • 医療・福祉の現場にて
  • 地域社会での活動にて
  • 家庭での健康管理など
  • 学校などの教育現場にて
  • 新着インタビュー

ページの先頭へ

健康管理士は、「予防医学」「健康管理」のスペシャリストです。

  • 健康管理士
  • 一般指導員
  • 上級指導員
  • 資格認定試験
  • 資格取得までの流れ
  • 登録・変更手続