健康管理士・健康管理能力検定1級とは?

「健康管理士一般指導員」資格は、身体と心の健康をサポートする知識の証です。

23年前より認定を開始した「健康管理士一般指導員」資格は、すでに65,000名以上の資格者が、様々な分野で活躍する“健康管理のスペシャリスト”です。
活躍の場も広く、多くの企業、団体、医療・福祉分野 等でも職員研修に採用されており、全国約50の学校教育にも採用されています。
また、昨今注目されている「食育活動」の現場でも多くの資格者が活躍されています。

こんな方におススメ!

健康管理士一般指導員(健康管理能力検定1級) 資格の現状

認定団体 財団法人 生涯学習開発財団
NPO法人 日本成人病予防協会
認定開始 平成4年
認定者数 約65,000人(平成27年6月現在)
採用実績 社員研修に取り入れている企業 305社
学校教育に取り入れている大学 48校
医療・福祉施設での採用実績 167 施設

大学教育にも採用されています

健康管理士一般指導員は、全国約 50 校の大学、短期大学、専門学校のカリキュラムに採用されています。今年度は、2,000 名を越える学生さんが健康管理士一般指導員資格を取得する予定です。

認定者数は年々増加中です!

「健康管理士一般指導員」が、家庭はもちろん、地域、企業、学校、医療福祉関 係などのさまざまな分野で知識を活かして、活躍されています。

about_graph

資格紹介ムービー

健康管理のスペシャリスト
「健康管理士一般指導員」資格の概要

PAGE TOP